青森の旅 十和田湖・奥入瀬渓流編

8月の上旬、3人で立佞武多をメインに青森を観光して来ました。

まず十和田湖に到着しました。

towadako2

青森県と秋田県にまたがる日本で3番目に深い、神秘の湖です。

 

towadako1

otome1

「乙女の像」のブロンズ像は、高村光太郎の最後の作品で十和田湖のシンボルとなっています。

 

奥入瀬渓流の散策もしました。
渓流沿いには、大小いくつもの滝があり切りたった崖や樹木、草や苔に囲まれマイナスイオンを
たっぷりと浴びながら散策道を歩いて来ました。
紅葉の時期は特に綺麗ですが、混雑するのでゆっくりしたいなら今です。
水の流れる音と滝のしぶきとに癒されながら(*^_^*)

oirase3

oirase6

oirase4

oirase2

oirase1

徒歩では、4時間かかるそうです。

レンタサイクルをおすすめします。

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る