全国豊かな海づくり大会

天皇皇后両陛下に感激した H.Oさんが担当します。

第36回全国豊かな海づくり大会が、天皇、皇后両陛下をお迎えし、酒田市希望ホールと
鶴岡市・鼠ヶ関港を主会場として、9月10・11日に開催されました。

天皇陛下が生前退位のお気持ち表明後、初の地方公務ということで、全国的に注目された両陛下のご様子を紹介いたします。

9月11日、酒田市希望ホールへ向かう天皇、皇后両陛下をお迎えしようと、いざ酒田市役所へ。

10時30分、待ちに待った両陛下を乗せた菊の御紋付の御料車「センチュリーロイヤル」が酒田市山居町を通過。

motikosama1

天皇、皇后両陛下は酒田市希望ホールでの式典にご臨席後、酒田駅よりJR東日本の「お召し列車」で鼠ヶ関駅へ移動。

酒田駅は勿論のこと、希望ホールから駅に向かう沿道にも、天皇、皇后両陛下のお見送りをしようと大勢の市民が国旗を手に待っていました。

hatafuri

待っていた市民は「天皇陛下~!、美智子さま~!」と、みんなが大歓声を上げ歓喜に沸いていました。中には感無量で涙する人も。

tennoukougou3

tennoukougou1

sakataeki1

駅構内には酒田市長、酒田市議会議員の皆さん、その他大勢の大会関係者がぞくぞくとお見送りに入って行かれました。

14時13分、JR東日本の「お召し列車」が酒田駅を出発。

沿道にいた人達も「お召し列車」に乗車された両陛下を見ようと走り出しました。それにつられて私も猛ダッシュするはめに・・・(苦笑)

omesi

 

9月12日午前、鶴岡市にある国指定史跡の松ケ岡開墾場を視察。

その後、鶴岡アートフォーラムに向かう御料車を大勢の市民がお出迎えしている様子です。

turuoka1

午後庄内空港からお帰りになる迄の庄内滞在の間、約4万4000人が大会行事や沿道で両陛下のお出迎えやお見送りをしたそうです。

turuoka2

turuoka3

 

JR東日本の「お召し列車」が、鼠ヶ関駅から鶴岡駅に戻ってきた様子です。

先頭車部には菊花紋章と日章旗が掲げられて、とても輝かしい列車でした。

omesi2

両陛下のお姿はテレビで何度も拝見していましたが、実際お目にかかると、何とも表現しがたい、興奮と感動の入り混じった特別な気持ちになりました。これを神々しいというのでしょうか。

常に国民を第一に考えておられる慈愛に満ちた表情やお言葉は、みんなに感動や元気を与えてくれる魔法のようなものだとつくづく思いました。

 

 

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る