銀山温泉を満喫

友達に誘われて、銀山温泉へ行ってきた H.Oさんからです。

春の陽気に誘われ、東京から帰省した同級生と共にいざ銀山温泉へ♨

銀山温泉協同駐車場に車を入れ、のんびり徒歩3分、温泉街入り口からの風景。
台湾からのチャーター便で来日した観光客で大賑わいでした。


DSC0540_2

温泉街一番奥のお宿「瀧見館」入り口。

雪解け水で滝の水量も豊富、とても美しい光景でした。

 

DSC0546_2

大正ロマン満載の食事処「伊豆の華」

店内は昔懐かしい飾り物が沢山あり、ゆっくりとした時の流れを感じました。

DSC0542_2

「能登屋 旅館」正面。

温泉街には車が入れず、宅配便や旅館の荷物の出し入れは、台車を使ったり人力での作業
でした(お疲れさまです)

宿泊客は、東京・大阪・愛媛等全国津々浦々から来ており、大正ロマンの雰囲気を楽しん
でいた様子でした。

 

 

DSC0548_2

食事処「伊豆の華」の向にある「旅館 古山閣」

二階の窓のところに飾ってある絵が、とっても印象的でした。

DSC0544_2

他の旅館と少し趣が変わっている建物。「ホテル 藤屋」ここは新国立競技場を設計した、
建築家隈研吾氏が手掛けたホテル。

隣接した「公衆浴場 しろがね湯」も隈氏が設計したそうです。
温泉街は新旧コラボで情緒たっぷりでした。

DSC0550_2

 

余談ですが・・・

銀山温泉街を散策しながら食べる「揚げまんじゅう」と「はいからさんのカリーパン」は

絶品でしたよ♪♪

 

 

 

 

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る